作品紹介

若き手練が織りなす深川の橋を巡る人間模様

幼馴染み同士、水商売の夫婦、祖父と孫娘、父と不仲のOL——深川のここかしこで肩を寄せ合い暮らす人々の息遣いが伝わる短篇集

担当編集者より
隅田川の花火大会に走るOL。ようやく自分の店をもった元銀座一のバーテンダー。進学校に通う優等生と幼馴染みの不良少年。世田谷からやってきた孫をひと夏あずかる祖父。明日のない関係からはなれられないバツイチの母。清洲橋、亥之堀橋、大富橋——深川に架かる6つの橋を往きかう人々の息遣いが聞こえてくるような物語を、注目の若手作家が綴ります。橋本氏はノベルスで人気を博し、近年一般文芸でも次々に作品を発表している期待の若手です。繊細な文章と名前に騙されますが、男性です。(KH)
商品情報
書名(カナ) イツカノキミヘイツカノボクヘ ハシヲメグル
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2008年12月01日
ISBN 978-4-16-327650-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く