作品紹介

『だましゑ歌麿』に始まる大人気捕物帖シリーズ最新作

若衆髷を結い、女と見まごう美貌だが、役者仕込みの俊敏さで荒事もこなす蘭陽が、相棒の春朗(後の葛飾北斎)と江戸の難事件に挑む

担当編集者より
若衆髷(まげ)を結い、女と見まごう美貌だが、役者仕込の俊敏さで荒事もこなす蘭陽が、相棒の春朗(後の葛飾北斎)とともに江戸の怪事件に次々と挑む——。長篇『だましゑ歌麿』では脇役に甘んじていた登場人物たちが順番に主人公となる、いわゆる“スピンオフ企画”のようなスタイルで『おこう紅絵暦』『春朗合わせ鏡』が刊行され、今回で第4弾となります。軽快なテンポで語られる物語の中で、蘭陽が芝居に、春朗が絵にかける情熱が熱くほとばしる、上質な青春小説としても楽しめる逸品です。(AK)
商品情報
書名(カナ) ランヨウキララマイ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年02月25日
ISBN 978-4-16-327950-3
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く