作品紹介

『黒い悪魔』『褐色の文豪』に続くデュマ家3部作完結

偉大な文豪を父に持ったがために、“小”デュマと呼ばれた息子。名作「椿姫」の作者であり父をしのぐ栄誉に輝いた男の苦悩の生涯

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
奴隷から将軍へ成り上がった英雄を祖父に、『三銃士』の作者として名高い文豪を父に持ったデュマ家の3代目は、物質的にはなに不自由ない少年時代を過ごしながら、私生児という出生に悩み、愛憎半ばする想いを抱きながら成人する。父と同じ作家を志し、若くして成功をおさめながら常に偉大な父と比較され続けた男の苦悩の日々。『黒い悪魔』『褐色の文豪』に続くデュマ家3代の歴史、ここに完結。(AH)
商品情報
書名(カナ) ゾウゲイロノケンジャ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年02月10日
ISBN 978-4-16-328920-5
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く