単行本
単行本

ポルト・リガトの館

横尾忠則

  • 定価:本体2,000円+税
  • 発売日:2010年03月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ようこそ横尾式ラビリンスへ。異国を旅する3つの物語

スペインを旅行中、サルヴァドール・ダリの屋敷を訪ねた日本人画家の不思議な経験。強烈な酩酊感を誘う、読む絵画としての小説集

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
日本人画家の唯典(ただのり)は、スペインを旅行中、シュルレアリスムの巨匠ダリに面会するためポルト・リガトを訪ねる。エキセントリックなダリ、その妻ガラと奇妙な芸術問答を続けるうち、時空がゆがみはじめ……。まるでダリの絵画の中に入り込んだような酩酊感をあたえる表題作をはじめ、異国を旅する3つの物語を収録。紀行でも幻想文学でもない横尾式ラビリンスが誕生しました。(NK)
商品情報
書名(カナ) ポルトリガトノヤカタ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年03月10日
ISBN 978-4-16-329010-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く