作品紹介

座して亡国を待つことはできない。震災、経済破綻、政治不在。危機の日本を憂い敢えて問う。国家の拠って立つ所はどこにあるのか?

担当編集者より
卓越した文芸評論家である江藤淳さんが、なぜあえて政治を語るのか?それは江藤さんがこよなく愛する日本文学と日本語を生み出した、この国の大本が失われようとしているという危機感からでしょう。日本という国がどういう故事来歴をもって成り立ってきたのか、それを尊び守ることが、いかに大切なことか。永田町にはいま“新しい政治”を謳う耳触りのいい言葉が飛び交っています。しかし、国の基本を考えるという最も肝心なことが忘れ去られているのではないでしょうか。真の意味で日本の選択を考えるための本です。(M)
商品情報
書名(カナ) ホシュトハナニカ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年09月30日
ISBN 978-4-16-352100-8
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く