作品紹介

カヌーは水上の禅である。苦しく辛い極北の地での心あたたかき人々との邂逅、そして別れ。地の果てにゆったりと過ぎゆく至上の時間

担当編集者より
〈マウンテンマン〉をご存知ですか。都市文明に見切りをつけ、森や原野で暮す人々のことです。群れず。ただ独り。狩りや漁撈で生計を立て、自給自足。野垂れ死にも恐れず。完璧な自己責任の日々……。アラスカを東西に貫く無垢の大河ユーコン三千五百キロをカヌーで漕破しながら、野田さんは“彼らの流儀”の核にふれていきます。そうです。表面は痛快無比な川旅の記録。中身は価値基準の軸を揺さぶる危険な思想書となりました。(WM)
商品情報
書名(カナ) ユーコンヒョウリュウ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年04月20日
ISBN 978-4-16-353130-4
Cコード C0026

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く