作品紹介

高度三万六千フィートを飛行中の旅客機から乗客の大半と乗務員が消えた怪を描く「ランゴリアーズ」と「秘密の窓、秘密の庭」を収録

担当編集者より
原書は四つの中篇をおさめた一冊の本ですが、キングの本は日本語にするとどうしても二冊かそれ以上になってしまいます。が、今回はそれぞれ独立した四つの話、それなら「上下」としないで、八月に一冊、九月に一冊と分けて、買ってくださる方の負担を減らそうと考えた、その「1」です。ところで、原題の『 Four Past Midnight』とはどんなニュアンスなのでしょうか。ひらたく考えれば、真夜中過ぎに読むとよけいにゾクッとする四篇、という感じでしょうが、ペーパーバック版の表紙を見ると時計の文字盤の零時四分のところが裂けて怪しげな光を放っています。“真夜中過ぎの四分”というおきまりの表現とかけた言葉遊びでもあるようです。一作ごとに作者自身のノート、さらに全体の解説もついていて、原作者の心を読み取るには大変興味深い本です。(M)
商品情報
書名(カナ) ランゴリアーズ
ページ数 424ページ
判型・造本・装丁 A5判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年09月01日
ISBN 978-4-16-363330-5
Cコード C0097

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く