単行本
単行本

時の光の中で劇団四季主宰者の戦後史

浅利慶太

  • 定価:本体1,500円+税
  • 発売日:2004年10月

作品紹介

万華鏡のようにきらびやかな、もうひとつの戦後史

劇団四季の主宰者というだけでは括りきれない多方面にわたる活動と多彩な交友関係で知られる著者が、その人生の風景を鮮やかに綴った回顧録

担当編集者より
劇団四季の主宰者でありながら、芸術家には珍しく政財界とも深いつながりを持つ浅利慶太氏。さぞかし著作も多かろうと思うのだが、これが意外にも少ないのである。その浅利氏が初めて自らの戦後史を綴ったのが本書。登場人物の多彩さはまるで万華鏡を覗くかのごとし。小沢征爾、三島由紀夫、寺山修司ら芸術家との交わりから、佐藤栄作、田中角栄ら政治家まで。生き生きとした描写で、その人物像を彷彿とさせる技は天下一品です。(IK)
商品情報
書名(カナ) トキノヒカリノナカデ ゲキダンシキシュサイシャノセンゴシ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2004年10月15日
ISBN 978-4-16-366350-0
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く