単行本
単行本

妻の肖像

徳岡孝夫

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:2005年08月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

溢れる情感。「生」の重さと儚さを描ききった名文がここにある!

自分より長く生きると思っていた妻にガンが宣告され、もう残された時間は少ない。その日々を慎ましくも力強く描いた感動の18章

担当編集者より
2000年の年の瀬も押し迫った頃、徳岡さんは奥さまを喪いました。その直前には自分が先に逝くことに決めて「私の死亡記事」という文章を書かれています。奥さまはそのゲラを微笑みながら読まれたそうです。愛する人の予想外の死、とは決して珍しい話ではありませんが、それだけにキチンと書いて読む者を感動させることは、実は大変に難しい。徳岡さんは介護保険の導入とその体験という枠を設定することによって、見事にこの難テーマを描いてみせました。(TY)
商品情報
書名(カナ) ツマノショウゾウ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2005年08月30日
ISBN 978-4-16-367420-9
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く