単行本
単行本

芸のためなら亭主も泣かす

中村うさぎ

  • 定価:本体1,333円+税
  • 発売日:2006年06月

作品紹介

私の女としての価値って、おいくら?

イケメン青年に植毛手術を斡旋し、熟女デリヘルには自らが潜入取材。相も変わらず茨の道を渡り歩く、女王様の流浪のエッセイ第2弾!

担当編集者より
相も変わらず流浪の旅を続ける女王様だが「私の女の価値って幾ら?」と悩みぬき、今度は「熟女デリヘル」の世界に迷い込んだ。この裸一貫の無謀な冒険に夫の怒りが大爆発!? また「薄毛」で悩むイケメンに植毛手術を斡旋し、女王様は二重手術で「フランケン」に変身、まさに亭主泣かせの最新エッセイです。(BT)
商品情報
書名(カナ) ゲイノタメナラテイシュモナカス
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 小B6判 上製 カバー装
初版奥付日 2006年06月25日
ISBN 978-4-16-368260-0
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く