作品紹介

だって、ジャンクなのって、おいしいでしょ?

ロハスが近頃人気ですが、ジャンクフードの蠱惑的魅力は誰でもよく知っているはず。読むだけでハッピーになるジャンクフード・エッセイ

担当編集者より
小説でも食事の場面をじつに美味しく描くことに定評のある著者の食エッセイです。ロハスだグルメだとかまびすしい昨今の風潮を尻目に、身近なジャンクフードの蟲惑的な魅力をひたすら楽しくポップに書き綴っています。シェイク、ポテトチップス、プディングじゃなくてプリン……。ほんとにこれもジャンクフード? というような手の込んだ料理も時折顔を出しては、食べることの幸福を歌い上げる好著。挿絵はキュートなイラストレーションが人気の長崎訓子さん。ガーリーッシュな一冊です。(YO)
商品情報
書名(カナ) キラメクジャンクフード
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 並製 カバー
初版奥付日 2006年12月15日
ISBN 978-4-16-368710-0
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く