作品紹介

劣等生がなぜ日本代表のキャプテンにまでなったか

無名の高校生がブラジル留学を経て、ヴェルディに練習生として入団。中澤佑二のスタートはここからだった。W杯で彼は何を得たのか

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
日本代表は決してエリート集団ではない。高校までは無名の選手。ヴェルディの練習生から始まったプロへの道。“雑草”と呼ばれた選手もキャプテンになれるのだ。しかしそれは、中澤佑二だったからこそ。彼ほどストイックな選手が他にいるだろうか。徹底した体調管理、サッカーへの集中力。中澤にしか備わっていない特別なものは何なのか。彼を長年見続けてきた新聞記者が、緻密な取材でそれを明かす。クライマックスは、南アフリカW杯。中澤は完全燃焼することができただろうか。(MF)
商品情報
書名(カナ) ナカザワユウジフクツ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2010年08月30日
ISBN 978-4-16-371880-4
Cコード 0095

著者

佐藤 岳

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document