作品紹介

明治から現代まで、判決の裏に秘められた人間ドラマ

日本の司法を変えた12の重大事件を、小説のように面白く解説していきます。誰でも裁判員になる時代、必読のノンフィクションノベル

担当編集者より
明治憲法発布から100年以上が経ちますが、重要な12の事件を通じて、裁判の歴史を楽しく理解できるのが本書です。とはいえ、お堅いお勉強本ではありません。夏樹さんが、小説のように面白く事件を再現してくれます。「大津事件」「永山則夫事件」などの有名な事件から、翼賛選挙に「無効」の判決を下した裁判長の苦悩や、犯罪被害者になってしまった弁護士の闘いまで。法律の陰にあった人々の苦闘に、つい胸が熱くなります。裁判員制度が始まり、法廷が他人事ではなくなったこの時代必読の書。巻末には、前・最高裁判所長官との対談も収録しています。(ON)
商品情報
書名(カナ) サイバンヒャクネンシモノガタリ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 A5判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年03月25日
ISBN 978-4-16-372330-3
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く