作品紹介

一生に1度は着てみたいあの制服この衣装を一挙に体験!

CA、宝塚、自衛隊、十二単……着てみたやってみた全18着。エッセイの名手が面白おかしく解き明かす「着るもの」と人の深〜いつながり

担当編集者より
制服で気持ちが引き締まる、派手な衣装でハイテンションなど、着るものに心まで左右される経験は誰しもあるはず。ならば私が着てみせましょう! と酒井さんが着倒した衣服の数々。そこから浮かび上がるのは、セーラー服を着れば学生時代の憧れが蘇り、CAの制服を着ればホスピタリティーが芽生え、キャバ嬢に扮すれば歌舞伎町でナンパされるという、人と衣服の関係(業?)の深さ。読めば明日から「何を着るか」の意識が変わる1冊です。(YH)
商品情報
書名(カナ) キレバワカル
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 仮フランス装
初版奥付日 2010年08月30日
ISBN 978-4-16-372960-2
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く