作品紹介

開戦70年。文官たちの開戦責任をめぐる歴史法廷開廷!

松岡洋右、広田弘毅、近衛文麿、木戸幸一、昭和天皇を俎上に。半藤は検察官として罪状に迫り、弁護士加藤は情状酌量の根拠を開陳

担当編集者より
昭和史研究のツートップ、半藤一利さんと加藤陽子(東大教授)さんがとことん語り下ろしました。俎上に載せて論じるのは、あの戦争を呼び込んだリーダーたち、松岡洋右、広田弘毅、近衛文麿、木戸幸一(番外として昭和天皇)です。軍人を避け、あえて文官だけにしぼっての徹底検証は本邦初の試みです。歴史探偵・半藤“検事”が鋭くその罪状に迫り、加藤“弁護士”は情状酌量の根拠を開陳します。開戦70年の今年、開戦責任を改めて問う熱くスリリンングな議論にご期待ください。(HH)
商品情報
書名(カナ) ショウワシサイバン
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2011年07月30日
ISBN 978-4-16-374270-0
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く