1985年のクラッシュ・ギャルズ

柳澤 健

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:2011年09月14日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

あのとき、少女だった。あのときを共に生きた

日本中を興奮の坩堝にまきこんだ長与千種とライオネス飛鳥。そして彼女らに涙した全ての少女たち。あのときとそれから。真実の物語

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
1985年8月28日、巨大な大阪城ホールを満員にしたのは、10代の少女たちだった。少女たちの祈るような瞳がリング上の一点に注がれる。2人は、私たちの苦しみを背負って闘っている。あの2人のように、もっと強くもっと自由になりたい。長与千種とライオネス飛鳥と、そして2人に熱狂した少女たちのあのときとそれから。25年間の真実の物語。『1976年のアントニオ猪木』でノンフィクションの新しい地平を開いた著者の新作です。(SS)
商品情報
書名(カナ) センキュウヒャクハチジュウゴネンノクラッシュギャルズ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2011年09月15日
ISBN 978-4-16-374490-2
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く