作品紹介

2006年に下咽頭ガンを告白し、その後、当時の自民党安倍政権、麻生政権、さらには民主党の菅政権でも重要閣僚を歴任した与謝野氏。政策通としてはつとに有名だが、実は、初当選翌年の39歳の頃から、4度のがんを発症し、そのたびに生還を果たしてきた「がんサバイバー」なのである。1977年の悪性リンパ腫にはじまり、2000年には直腸がん、その翌年には前立腺がん……と、35年に及ぶ政治生活の大半をがんとともに生きてきた。抗ガン剤、放射線治療は日常のことで、10時間を越える大手術も経験した。抗ガン剤の副作用でかつらを使わざるを得なかった時期もある。今回は国立がんセンター垣添忠生元総長の「与謝野さんの体験は多くのがんで苦しむ患者の力になる」との助言からカミングアウトした。本書にはこれまでの主治医たちの証言もふんだんに紹介されており、がんといかに向き合うか、についてのテキストとしても極めて有益である。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
自民・民主の両政権で重要閣僚を歴任した与謝野馨氏は、実は4つのがんと闘ってきた「がんサバイバー」だった。治療の副作用でカツラを使わざるを得なかった時期もある。人生初のがん(悪性リンパ腫)は初当選翌年の39歳のとき。その後、直腸がん、前立腺がん、下咽頭がんと、35年に及ぶ政治家人生の大半は抗がん剤や放射線治療の日々でもあった。主治医たちの証言も盛り込み、がんといかに向き合うか、を考えさせる。(TM)
目次
第一章 初当選から十ヶ月で「余命二年」
三十九歳の秋に悪性リンパ腫と告げられた。誰にも明かせずに偽名で通院治療した日々。

第二章 落選中のがんで良かった
小渕内閣で通産大臣として入閣したものの、二年後の選挙で落選した上に直腸がんが……。

第三章 放射線治療は楽なもの?
“小泉旋風”のさなか、発見された前立腺がん。放射線照射はものの数分で、痛くも痒くもない。

第四章 初めて書いた「遺書」
下咽頭がんで自民党税制調査会会長を辞任。万が一を考え、家族宛てにペンを走らせた。

第五章 入院しながら血塗れの選挙
放射線の後遺症で血尿止まらず。政権を奪われた総選挙では宣伝カーの上でふらついて気を失った。

第六章 がん患者であることに夢中にならない
母は食道がん、妻は大腸がん、そして妹も舌がん――。私は四つのがんと冷静に向き合い普通に暮らしてきた。
商品情報
書名(カナ) ゼンシンガンセイジカ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製
初版奥付日 2012年06月25日
ISBN 978-4-16-375040-8
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く