単行本
単行本

アマン伝説創業者エイドリアン・ゼッカとリゾート革命

山口由美

  • 定価:本体1,950円+税
  • 発売日:2013年04月12日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

始まりはアジアに誕生した一軒のリゾートからでした。モダンデザインに卓越したホテピタリティ、四十室なのに高級ホテル並みの料金。ホテルの概念を一変したアマンリゾーツは瞬く間に世界中のセレブを魅了しました。
アマンを創業し、二十五年にわたって率いてきたエイドリアン・ゼッカは、公の場には姿を見せない謎の人物です。それゆえか、アマンにはある噂が囁かれてきました。曰く「アマンのルーツには日本の旅館がある」。
本書では、インドネシアの名家に生まれ、ジャーナリストからホテリエに転身し、伝説のホテル・リージェントの設立に参画し、さらにアマンを創業するまでのゼッカの軌跡を徹底取材。若き日のゼッカが一九五〇年代に日本に滞在し、そこで体験した「ライフスタイル」が、後のアマンのコンセプトに決定的な影響を与えたことを突き止めます。
著者の山口由美さんは二〇一二年に小学館ノンフィクション大賞を受賞した気鋭の作家で、本作が受賞第一作。取材はインドネシアからスリランカ、タイ、香港、シンガポールまで広範囲に及び、リゾートホテルの変遷を通じて、アジアの戦後史を捉え直す画期的なノンフィクション作品となりました。
おりしも、本邦初のアマン東京の開業が二〇一四年に予定されています。本書では、日本にアマンを誕生させようと画策した人々の知られざるドラマも描かれています。伝説のリゾートホテルの真実の姿が浮かび上がる、まさにタイムリーな作品です。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
始まりは1軒のリゾートからでした。モダンデザインに卓越したホスピタリティ、40室なのに高級ホテル並みの料金。ホテルの概念を一変したアマンリゾーツは世界中のセレブを魅了しました。アマンを創業したゼッカは、公の場には姿を見せない謎の人物です。本書はインドネシアの名家に生まれ、ジャーナリストからホテリエに転身し、アマンを創業するまでのゼッカの軌跡を徹底取材し、アジアンリゾート誕生の秘密に迫ります。アマン東京の開業が2014年に迫る中、まさにタイムリーな作品です。(HS)
商品情報
書名(カナ) アマンデンセツ ソウギョウシャエイドリアンゼッカトリゾートカクメイ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年04月15日
ISBN 978-4-16-376280-7
Cコード 0095

著者

山口 由美

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く