作品紹介

敏夫よ、生涯一度は「鬼の口」に飛び込みなさい!

なぜ彼は〝日本一のリーダー〟になれたのか。
今こそ知るべき、「女傑の母」の名言集!

ベストセラー『清貧と復興 土光敏夫100の言葉』に続く第2弾。

担当編集者より
土光行革のモットー「個人は質素に、社会は豊かに」は、実は母・登美の教えでした。「生涯に一度は『鬼の口』に飛び込みなさい」と叱咤激励した母は、たんなる教育ママではありません。自らも国のため、人を育てるため奔走した人だったのです。戦時中は石原莞爾らがいた国注会に参加。戦争を憂い、「政治家も軍人も母に抱かれて育つ。国造りは女子教育から」と女学校を捨て身で設立しました。ベストセラー『清貧と復興 土光敏夫100の言葉』の著者が送る、日本に「真のリーダー」を育てるための名言集です。
商品情報
書名(カナ) ハハノチカラ ドコウトシオヲツクッタヒャクノコトバ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年07月25日
ISBN 978-4-16-376580-8
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く