作品紹介

「生きた証を残したい!」女一人、江戸で硝子職人を目指す

職人の世界に飛び込んだおはんを襲う、世間の白い目、仲間のいじめ。厳しい道の先に女の幸せはあるのか。涙と感動の長篇時代小説

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
実家の商いを手伝いながら穏やかに暮らしていた出戻りのおはん。ある日眼にした美しい硝子の壺に心奪われ、当代一の硝子師・天満屋磊治のもとに弟子入りする。実家の勘当、兄弟子たちの拒絶、世間の冷たい目——長く孤独な修行を耐え抜き、ついにパリ万博出品の栄光をつかんだ時、おはんを襲う事件とは——。「生きた証を残したい」という炎の欲求と、「女の幸せ」の間で揺れながらも、自分の道をひたすら進む一女性を描ききった力作長篇です。(YY)
商品情報
書名(カナ) ユメノウキハシ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2011年09月30日
ISBN 978-4-16-380910-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く