作品紹介

美人ベストセラー作家は、なぜ突然絶筆したのか?

突然筆を折ったベストセラー作家・咲良怜花。執筆復活を願う編集者に対し怜花が告白した衝撃の物語。甘美で残酷な究極のラブストーリー

貫井徳郎インタビュー

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
入社3年目の編集者・渡部敏明は、絶筆したかつてのベストセラー作家・咲良怜花に再び小説を書いてもらうべく、熱心にアプローチを始める。そして渡部の情熱的な「覚悟」に対し、怜花は自分の驚くべき半生を語り始めるのだった——。恋愛と創作、その愉楽と地獄を描き切った本作は、衝撃的なエピローグに至るまで一瞬たりとも目が離せない大傑作。貫井徳郎さんのあらたな代表作の誕生です!(YS)
商品情報
書名(カナ) シンゲツタン
ページ数 568ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2012年04月10日
ISBN 978-4-16-381290-8
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document