作品紹介

〈驚愕しながら、あきれながら、時に笑いながら、何度でも思う。ここはどこ?〉
妻子持ちの音楽プロデューサー、長尾の愛人だった紗江。会社の倒産ののち漁師への転身を決めた彼の郷里へ伴われ、移り住むことになったのだが、身内意識のつよい漁師町で「二号丸」と呼ばれていることを知ったのは、やって来て、たったの十日だった。「妻」から時折かかってくる長電話に、敵意にみちたまなざしを向ける海の女たち。潮の匂いと海上にたちこめる白い霧。いつまでも慣れることのできない生活でいちばんの喜びは、東京にいたころよりはるかに生き生きとしてみえる長尾の笑顔だったが、彼が漁師仲間の喜寿祝いで紗江を紹介する、と急に言い出した――閉塞する状況を覆す、漁を生業とする男たちと女たちの日々の営みの力強さ、すこやかさ。圧倒的な生の力を内に秘めた「漁師の愛人」。
〈問題は、私たちが今、幸せであったらいけないと感じていることかもしれない〉
震災から一か月足らず。女三人でシェアハウスして暮らす毎日があの日から一変してしまった。藤子の恋人(カフェ経営者)は、炊き出しボランティアで各地をまわり、ほぼ音信不通。ヨッチは、彼氏がホテルから妻のもとに逃げ帰って以来、微妙な感じ。眞由に至っては、大地震の三日後にこの家を出て行ったきり、帰ってこない。雨もりの修理にたびたびきてくれる63歳の小西とのなにげない会話と、豚ひき肉の新メニュー作り、ビーズ細工のストラップ作りが、余震のさなかの藤子の毎日を支えていたのだが。2011年春の、東京のミクロな不幸と混乱を確かな筆致で描いた「あの日以後」。
その他に【プリン・シリーズ】三篇を所収。

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
表題作は、漁師への転身をはかる事実婚の相手とともに閉鎖的な海辺の町に移り住んだ紗江の奮闘を描いた中編。海辺の荒くれものたちの日常に向けた著者の眼差しの温かさも非常に魅力的ですが、全編を通じて現れる海の描写が圧倒的に心に響きます。音の仕事をしている紗江は色彩を刻々と移していく海と光の反射を眺めながら〈半日後には豹変しているかもしれない命の海〉を見、〈慈悲と悪意が交錯する旋律〉を聴くのです。ラストの小気味よさも絶品。小説を読んだ、という手応えある中短編集です。(OY)
商品情報
書名(カナ) リョウシノアイジン
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年12月15日
ISBN 978-4-16-382600-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く