作品紹介

著者は、日本人のキャスティング・ディレクターとして、「ラスト・サムライ」「SAYURI」「バベル」「47 RONIN」など錚々たるハリウッド映画に参加。渡辺謙や菊地凛子、桃井かおりなどを抜擢し、国際俳優として飛躍するきっかけをつくった。俳優の演技力、スター性、潜在能力を見抜き、役柄にあった人材を発掘するキャスティング・ディレクターは、日本ではあまり知られていないが、米国では映画づくりのきわめて重要なスタッフとして認識されている。著者は日本人としてただ一人の全米キャスティング協会のメンバーであり、キャスティング力はもとより、俳優への語学や演技面での指導も担当、その手腕が高く評価されている。本書では、「ハリウッドで通用する役者、通用しない役者の違い」「オーディションでどこを見ているか」など、実際のキャスティングの舞台裏を紹介。知られざるハリウッド映画の制作秘話をたっぷり盛り込む。

また、外交官の娘に生まれ、少女時代をカナダで過ごし、ニューヨークで演劇を勉強、帰国後に演出家・作詞家として活躍する、希有な生い立ちも紹介。世界に通用する俳優の育成を目指してアップス・アカデミーを設立、別所哲也、川平慈英、藤田朋子、今井雅之、オダギリ・ジョーなどを育ててきた。近年では、プロデューサーとして「終戦のエンペラー」を2013年に制作し、2014年にはNHK朝ドラ「マッサン」のヒロインであるシャーロット・ケイト・フォックスを発掘。文字通り「ハリウッドと日本の架け橋」として歩んできた軌跡も詳述する。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より

著者の奈良橋陽子さんは日本人のキャスティング・ディレクターの第一人者。「ラストサムライ」や「バベル」などに参加、渡辺謙や菊地凛子を抜擢してきました。本書では、本場のオーディションの仕組みやハリウッドで通用する俳優の資質など、米国映画の舞台裏を紹介します。彼女は米国で演劇を学び、帰国後に演出家、作詞家として活躍。近年では「終戦のエンペラー」をプロデュースし、NHK朝ドラの米国人ヒロインも発掘。奈良「橋」の名前通り、日米の架け橋として歩んできた半生も詳しく書いています。(HS)
商品情報
書名(カナ) ハリウッドトニホンヲツナグ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 小口折 並製カバー装
初版奥付日 2014年09月25日
ISBN 978-4-16-390132-9
Cコード 0095

著者

奈良橋 陽子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く