作品紹介

「どれだけ読んでもOkcal!!」
シュールで最悪の状況を暴走するブラックユーモアの数々。
『暗くて静かでロックな娘』から2年ぶりとなる待望の小説集がついに刊行。

「うでがでぶか」。借金まみれの俺は、わけのわからぬまま、“デブ”を、黄色いスパイダーに乗せて北へ向かった……表題作の「デブを捨てに」をはじめ、〈シュール〉な設定、乾いた〈ユーモア〉と、エッジの効いた〈表現〉で、〈最悪の状況〉に巻き込まれた男たちを、独特のスピード感あふれる文体で、泥沼のような日常を疾走するように描く。
どこへ行くのかわからないスリルをあなたにお届けする、全四編の平山夢明〈最悪劇場〉。これぞ、小説表現の極北を目指す著者の真骨頂。
「まあ、大変、買わなくちゃだわ」

・他の収録作
「いんちき小僧」腹が減って腹が減ってしかたのない俺は、コンビニでキャラメルひと箱をくすねるが、店の女に捕まった。女は、警察には突き出さず公園に連れて行くと、一発ぶん殴ったら許してやると言う。やがて、その様子を見ていた男から奇妙な提案をされる……。
「マミーボコボコ」捨てた娘から三十五年ぶりに手紙をもらったおっさんに頼まれて、ついて行った先は、娘が嫁いだ大家族の家。そこでは、"ビックパヒー"なる父親以下、大家族の密着テレビ番組が収録中で……。
「顔が不自由で素敵な売女」行きつけのバー「でべそ」で酎ハイ二杯を飲んで、いい気分になった俺は、公衆便所のような臭いのするヘルスの個室で、ハラミという夏の日のコーラフロートのような頭のブスに、とびきりのサービスを受けていた。
「デブを捨てに」借金の返済期限が来たが、金を返せなかった俺は、事務所につけていかれボコボコに締め上げられたあげく、「腕とデブ、どっちがいい」か選ばされる。俺は、よくわからず「デブ」のほうを選ぶが……。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
『暗くて静かでロックな娘(チャンネー)』から、2年ぶりとなる待望の一般小説の単行本は、乾いた〈ユーモア〉と、エッジの効いた〈表現〉で、〈最悪の状況〉に巻き込まれた男たちを駆け抜けるように描いた短編集。表題作「デブを捨てに」は、雑誌連載時から、大幅改稿。すっかり新たな話に生まれ変わりました。どの作品も、ファンにはたまらない、押し寄せてくるような独特のリズムと描写。これぞ、小説表現の極北を目指す著者の真骨頂。読んでいてどこへ行くのかわからない傑作短編集。「まあ、大変、買わなくちゃだわ」
商品情報
書名(カナ) デブヲステニ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 軽装 並製
初版奥付日 2015年02月25日
ISBN 978-4-16-390199-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く