単行本
単行本

ヤギより上、猿より下

平山夢明

  • 定価:本体926円+税
  • 発売日:2016年06月30日
  • ジャンル:エンタメ・ミステリ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「どうぶつ好き、あつまれ~!」
『デブを捨てに』の〈悪夢〉は、まだ終わっていなかった――。
「こんな小説、みたことないよ!!」

〈イエロートラッシュ〉シリーズ第二弾

「あんたら全員、ヤギより上、猿より下なんだよ!」
真心山の麓にある売春宿『ホーカーズ・ネスト』にやってきたオランウータンのポポロと、ヤギの甘汁。
動物たちの活躍ぶりに、人間の従業員たちが戦慄する……表題作の「ヤギより上、猿より下」をはじめ、〈シュール〉な設定、乾いた〈ユーモア〉と、エッジの効いた〈表現〉で、〈最悪の状況〉に巻き込まれた人々たち〈イエロートラッシュ〉の泥沼のような日常を、スピード感あふれる独特の文体で疾走するように描き出す全四編。

・収録作
「パンちゃんとサンダル」
タクムのおとうさんは、いつもおかあさんをなぐっています。いもうとのアヤは、それをみて、いつもないています。でもある日、おなじアパートのアレキサンダルが、タクムたちをみかねて、あるていあんをしてくれました。
「婆と輪舞曲」
大高のババアは、探偵稼業の「俺」にとって暮らしの大黒柱だ。失踪し、見つかるアテのないババアの娘を探すフリをして金をもらっているのだ。だが、ある日別れた女房のアケミから「俺」の娘が行方不明になったと告げられ……。
「陽気な蠅は二度、蛆を踏む」
最高の殺し屋・エンジンの元に、新たな依頼が届く。それは、カミさんが臨月のグランのピンチヒッターで、城島という三十代の男を殺せという内容だった。対象者と親しくなるのが流儀のエンジンは、やがて意外な事実を知る。
「ヤギより上、猿より下」
真心山の麓にある売春宿『ホーカーズ・ネスト』にやってきたオランウータンのポポロと、ヤギの甘汁。動物に負けるはずがないと思っていた従業員の姐さんたちだったが、ポポロに指名が集中し、宿は大混乱に……。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「日本タイトルだけ大賞」「twitter文学賞」などにノミネート・ランクインした話題の短編集『デブを捨てに』から、一年四ヶ月。まさかのハイペース(本人比)で〈イエロートラッシュ〉第二弾が、本当に出ます。表題作「ヤギより上、猿より下」は、「デブを捨てに」と同じく雑誌の掲載時から、大幅改稿しました。セクシー&キュートなカバーは、モダンアート界注目のアーティスト・サエボーグさんの撮り下ろし。押し寄せてくるような独特のリズムの文体で、小説表現の〈極北〉を目指す著者が描く「マイナス方向に成功した人たち」の物語。
「こんな小説、みたことないよ!!」
商品情報
書名(カナ) ヤギヨリウエ、サルヨリシタ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2016年06月30日
ISBN 978-4-16-390333-0
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く