単行本
単行本

日本を壊す政商パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈

森 功

  • 定価:本体1,500円+税
  • 発売日:2015年11月11日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

2015年9月、安保法案をめぐり国論が二分される陰で、雇用システムを壊しかねない重要な法案が成立しました。改正労働者派遣法です。これにより派遣労働者が急増し、〝派遣の固定化〟が進むと危惧されているのです。総理のブレーンとして、この〝改悪〟を推進したのは他でもない、〝人材派遣業界の雄〟パソナグループ代表の南部靖之と同社会長の竹中平蔵(元経済財政政策担当大臣・元金融担当大臣)なのです。南部は一方で、覚醒剤事件で逮捕されたASKAと愛人栩内香澄美が出会った秘密パーティの主宰者でもああります。また、〝投資ジャーナル事件〟で逮捕された中江滋樹とは盟友関係にありました。わが世の春を謳歌する現代の政商の暗部に迫ります。

担当編集者より
〝人材派遣業界の雄〟パソナグループ代表の南部の、知られざる実像が、初めて暴かれます。社会の闇をえぐる取材に定評のある著者、会心のルポルタージュです。
目次
プロローグ ASKAが参加した秘密パーティ
第一章 三度目の改正派遣法案
第二章 中小企業経営者だった父親の教え
第三章 知られざるアングラ人脈
第四章 ベンチャー三銃士と呼ばれて
第五章 芸能・スポーツ界の著名人
第六章 「仁風林」官界人脈のキーマン
第七章 自民と民主「二股外交」の狙い
第八章 公共ビジネスのうまみ
終章 政商かベンチャー企業家か
エピローグ 理念なき軽量級の政商
商品情報
書名(カナ) ニホンヲコワスセイショウ パソナナンブヤスユキノセイカンゲイノウジンミャク
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2015年11月15日
ISBN 978-4-16-390276-0
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く