作品紹介

映画ファンたちの話はなにかと「すごい」。
「今年は何百本も観た」「あの監督はすべて観た」と盛り上がる。
「観なかった」側は、その話には入れない。
でも、映画の中で何が起きているのかを語るだけで、
映画を語れるのではないか?

マニアックな語りから遠く離れて、
映画にしかできないことに注目する、
長嶋有&ブルボン小林、初の映画評論集!


【目次より】
映画みたいな名前(『ヴィダル・サスーン』)
市民のバイクを奪うこと(『007 スカイフォール』)
心を射ぬくワンカット(『ホーリー・モーターズ』)
「玩具」としてのリメイク(『死霊のはらわた』)
名前を題に冠した納得感(『板尾創路の脱獄王』)
作家が主人公の映画(『ワンダー・ボーイズ』)
アニメーションの甲斐(『君の名は。』『この世界の片隅に』)
2012‐2016の映画備忘録
……ほか、書き下ろし多数収録!

試写会で、DVDで、飛行機で、撮影現場で、
もちろん劇場で、観まくった新作200本以上を紹介。

商品情報
書名(カナ) ミナカッタエイガ
ページ数 328ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2017年03月30日
ISBN 978-4-16-390604-1
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document