作品紹介

昔の薬は八割が効かなかったが近年は劇的に効く薬が次々と開発されている。それは副作用から始まった――“魔法の弾丸”誕生の物語

担当編集者より
近年、劇的に効く薬が相次いで開発されている。その第一がインポテンスに効くバイアグラだが、ハゲの特効薬も大もてだ。これらは“病気”ではなく生活条件を改善する薬という意味で「ライフスタイル・ドラッグ」と呼ばれている。もう一つの「魔法の弾丸」がアルツハイマー病の新薬である。現代人の“三大悲劇”を癒す夢の新薬の誕生だが、クスリには必ずリスクがある。クスリの現在を鋭く抉った必読の書。(SS)
商品情報
書名(カナ) ハゲインポテンスアルツハイマーノクスリ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 1999年07月20日
ISBN 978-4-16-660051-9
Cコード C0247

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く