作品紹介

九三年八月に幕をあけた日本の連合政権時代――細川、羽田、村山、橋本、小渕、五代の政治を、権力、理念、政策の視点から徹底解析する

担当編集者より
あの五五年体制の崩壊から早や六年、振り返ってみれば(橋本政権の僅かの期間を除いて)、連立政権、連合政権が続いてきたことになります。この戦後初めての長期にわたる連立、連合の時代に、日本の政治はどのように変わったのか。権力、政治理念、政策過程の三つの視点を縦横に絡み合わせた、本格的な分析の試みは、本書がおそらく初めてでしょう。(SK)
商品情報
書名(カナ) レンリツセイケン ニホンノセイジイチキュウキュウサン
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 1999年10月20日
ISBN 978-4-16-660068-7
Cコード C0231

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く