作品紹介

性愛の質を左右するのは性器ではなく、脳の活動なのだ——若き大宅賞作家が俗信を排して描く高齢者達の性行動のかくも豊かな現実

担当編集者より
三十一歳、気鋭の大宅賞作家が、中高年の性という秘境に挑んだ一冊です。高齢者の恋愛の事例を温かく描いたルポもさることながら、中高年男女の性行動と性機能をめぐる本邦初の大規模な実態調査が詳しく紹介されていて、その生々しい数字の迫力には圧倒されました。ストレスと性交頻度の年齢別相関、勃起度の加齢による変化、etc……。そもそも本書のような一冊を五十代半ばの編集者が担当するというのは、何かのめぐり合わせでしょうか。(SK)
商品情報
書名(カナ) ジュクネンセイカクメイホウコク
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2000年03月20日
ISBN 978-4-16-660095-3
Cコード 0247

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く