新書
新書

文春新書

演奏家篇クラシックCDの名盤 演奏家篇

宇野功芳・中野 雄・福島章恭

  • 定価:本体880円+税
  • 発売日:2000年10月20日

作品紹介

「魂が震えるような演奏とは?」その半生を感動の追求に捧げた三人が、名演奏家の「この一枚」を推薦。音楽を愛する人必読の一冊

担当編集者より
「魂が震えるような演奏とは?」その半生を感動の追求に捧げてきた三人の著者が贈る、名盤ガイド。昨年十月に刊行、好評を博した『クラシックCDの名盤』の第二弾。フルトヴェングラー、カラヤン、ホロヴィッツ、ハイフェッツ……三人の意見は時に真っ向から対立し、時に相手の卓見を讃え、自らの音楽観、人間観を披瀝する。この本を読んだ後には音楽の聴き方がまったく変わることうけあい。前著にもまさるクラシックファン必携の一冊。(IS)
商品情報
書名(カナ) エンソウカヘン クラシックシーディーノメイバンエンソウカヘン
ページ数 376ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2000年10月20日
ISBN 978-4-16-660132-5
Cコード 0273

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く