作品紹介

勝負のアヤは深層心理が決めている!

武宮正樹、小林光一、趙治勲らプロ棋士を心理学的に分析し、紫式部と清少納言の棋力を判定、江戸川柳の傑作など、囲碁の面白さ満載

担当編集者より
天才型の武宮正樹や依田紀基でもポカをするのはなぜか?兄と弟で棋風が違うのはなぜ?『ヒカルの碁』でなぜ佐為(さい)は突然消えてしまうのか?左脳が働かなくなるとどんな碁になる?さらに紫式部と清少納言の棋力を推定すると?また「門」をなぜ「ゲタ」と読むようになったかなどの囲碁史の謎から、江戸川柳の解明まで、無意識心理学の視点も交えて囲碁界のさまざまな「?」を解き明かす。子どもの間にも囲碁ブームが起きている折しも、わが子と一緒に「囲碁の効用」を考えてみるのに打ってつけの一冊。(UM)
商品情報
書名(カナ) イゴシンリノナゾヲトク
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2003年02月20日
ISBN 978-4-16-660304-6
Cコード C0276

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く