新書
新書

イスラーム世界の女性たち

白須英子

  • 定価:本体700円+税
  • 発売日:2003年09月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

本当に「妻は四人まで」か? 大いなる誤解をとく

シバの女王から現代のサウジの奔放なプリンセスまで、「コーランか、然らずんば剣か?」の世界を女性たちはいかに生きてきたか?

担当編集者より
イスラーム世界の女性、といっても一様ではない。衣服の規定の厳しい国もあれば、トルコやインドネシアのように女性の首相、大統領を出している国もある。預言者ムハンマド以前のシバの女王やゼノビアから現代サウジのプリンセスまで、一見、男尊女卑に見える中東イスラーム世界で、女性たちはどう生きてきたか。「妻は四人まで」のように信じられているが、イスラーム伝承に見る女性に関する五つの書などでは、そうは教えられていない――など、誤解に満ちたイスラーム世界を読物風に紹介する。『千一夜物語』のように。(UM)
商品情報
書名(カナ) イスラームセカイノジョセイタチ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2003年09月20日
ISBN 978-4-16-660340-4
Cコード C0222

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く