新書
新書

文春新書

「老いじたく」成年後見制度

中山二基子

  • 定価:本体700円+税
  • 発売日:2005年03月18日

作品紹介

子供がいれば老後はまかせて安心ですか?

歳をとってねたきりや痴呆になっても、子供に頼らずしっかり生きてゆくにはどうすればいいか。弁護士の著者が具体例で丁寧に解説

担当編集者より
歳をとって寝たきりになったり、ボケがでたりしたら、どうしよう。昔だったら家族が同居して面倒をみてくれることが普通だったけれど、今は家族のあり方も変わっているし、自分も最後まで子どもに頼りたくない。または、子どもや親しい親戚もいなくて一人暮らしになったら……。そうした不安に備える「成年後見制度」とはどういうものか、専門の弁護士の著者が豊富な具体例を挙げつつ、やさしく丁寧に解説する一冊。最後まで人として自分らしく生きるための必読書です。(OA)
商品情報
書名(カナ) オイジタクセイネンコウケンセイドトユイゴン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2005年03月20日
ISBN 978-4-16-660431-9
Cコード 0236

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く