新書
新書

文春新書

誰がウェブ2.0を制するかネットvs.リアルの衝突

佐々木俊尚

  • 定価:本体800円+税
  • 発売日:2006年12月18日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ベストセラー『グーグル』の著者が描く“ITの中世の終焉”

Winnyを開発した東大助手はなぜ逮捕されたか。「ウェブ2・0」で岐路に立つインターネットの、企業、人間、国家の戦いを描く

担当編集者より
ベストセラーとなった『グーグル Google——既存のビジネスを破壊する』の著者・佐々木氏による待望の文春新書第ニ弾です。かつて科学者同士の平和なコミュニティだったインターネットは今、「ウェブ2・0」という新たなパラダイムの出現により大きな岐路に立たされています。ネット社会は、ウィニー事件に象徴されるように国家と激突し、世界ではインターネットの覇権を巡って国家同士の総力戦が開始されました。“第五の権力”となったインターネット文明の行方を渾身の力で描きます。(FH)
商品情報
書名(カナ) ダレガウェブニテンゼロヲセイスルカ ネットタイリアルノショウトツ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2006年12月20日
ISBN 978-4-16-660546-0
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く