作品紹介

ヤクザがもっとも書かれたくないヤクザの正体

脅迫は日常茶飯事、記事への抗議から襲撃され全治1ヶ月。気鋭のヤクザ専門ライターが命がけで書いた暴力団社会の最新ウラ事情

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
山口組ナンバー2、3を逮捕した警察の「頂上作戦」。その結果、ヤクザはますます潜行し、正体が見えづらくなっています。その分厚い仮面を剥がしたのが、暴力団専門ライターの著者です。入居者の7割がヤクザの歌舞伎町のマンションに事務所を構え、愚連隊の帝王を居候させたり、早朝、武闘派組織に襲撃されたり。西成の賭場や飛田新地のちょんの間にももぐり込みます。体を張った取材とはこういうことか、と納得のハードボイルドな快著です!(SM)
商品情報
書名(カナ) センニュウルポヤクザノシュラバ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2011年02月20日
ISBN 978-4-16-660793-8
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く