新書
新書

文春新書

エコノミストには絶対分からないEU危機

広岡裕児

  • 定価:本体750円+税
  • 発売日:2013年03月19日
  • ジャンル:政治・経済・ビジネス
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

世界に有り余る金がつくりだすバブルと危機

「市場」と投機筋に実体経済は眼中にない。財政赤字そのものよりも、これを口実に攻撃を仕掛けられることこそ、本当の危機なのだ。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
ギリシャ財政問題に端を発し、いまだ終息していないEU危機。これが実は「仕組まれた危機」であることを在仏ジャーナリストの広岡裕児さんが丁寧に解き明かします。危機に乗じて莫大な利益を得たのは、これまでギリシャ国債の新規発行を促してきた「市場」と投機筋でした。彼らに実体経済は眼中にありません。「バブル」と「危機」が激化するのを望んでいるのは彼らです。日本にとっても対岸の火事ではありません。財政赤字よりも、これを口実に攻撃を仕掛けられることこそ、来るべき本当の危機なのです。(NT)
商品情報
書名(カナ) エコノミストニハゼッタイワカラナイイーユーキキ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2013年03月20日
ISBN 978-4-16-660907-9
Cコード 0295

著者

広岡 裕児

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く