作品紹介

ガッツポーズは武士道に反する!?

剣道七段、薙刀五段の著者は武道を通してこそ武士道がわかると語る。日々の仕事、ストレスマネジメント、勝負論に武士道を生かす。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
NZに生まれたベネットさんは高校生のときに交換留学で来日、武道に出会います。今や剣道七段、なぎなた五段の腕前を持つ一方、京都大学大学院を修了、関西大学で教鞭をとる武道研究家でもあります。というとコワモテの外国人を想像されるかもしれませんが、いつも笑顔で謙虚、ユーモアたっぷりです。武道を極めることで武士道の本質が見えてくるというベネットさん。武士道を日常生活に生かすことでストレスもなくなったそうです。なぜ武道の観点からは勝利のガッツポーズはダメなのか? その理由は「残心」にありました。(TI)
商品情報
書名(カナ) ニホンジンノシラナイブシドウ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2013年07月20日
ISBN 978-4-16-660926-0
Cコード 0295

著者

アレキサンダー・ベネット

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く