作品紹介

「ちくわは疲れている」、そんな名言に出会う一冊

ショージ君、昼メシを食べながら考えた。かくして、しらす干しの悲劇が、カイワレの明るい前途が見出され、我々を抱腹空腹へと誘う

担当編集者より
せかされる視線を感じつつ、煮えたぎるけんちんうどんをすする、その時……ショージ君は昼メシを食べながら哲学した。またある時は、ポッテリ型の海老天と恋におちる。かくして、しらす干しに多数という無名性に埋もれて死んでいく哀れさを見出し、「チクワは疲れている」という名言と洞察が誕生したのである。解説・室井滋
商品情報
書名(カナ) ヒルメシノマルカジリ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年06月10日
ISBN 978-4-16-717761-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く