作品紹介

21世紀最初の一年はまさに物情騒然!

小泉内閣の傍若無人ぶり、狂牛病の恐怖、米同時多発テロの戦慄、そして志ん朝さんの死……2001年を書きとめた好評エッセイ第4弾

担当編集者より
2001年、世界は物情騒然となった。ニューヨークでは2本のタワーが崩壊し、9.11の米同時多発テロがあった年として記憶される——その一年を書きとめる、シリーズ第4弾。支持率8割を誇る小泉総理、狂牛病問題、猛暑にうだる夏、住みにくいとは思っていた世の中だが、古今亭志ん朝さんの逝去が追い討ちをかける。解説・芝山幹郎
商品情報
書名(カナ) ブツジョウソウゼン
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年04月10日
ISBN 978-4-16-725616-6
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く