作品紹介

熱心な門徒である著者が身を削る思いで綴る親鸞

13世紀日本。収奪と貧窮の時代に、善人でいては生き延びられない衆生を救うため阿弥陀仏の信仰を深めた親鸞の思想の核心とは

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
越後に流された親鸞は、妻・恵信尼とともに静かに暮らすが、やがて赦免。親鸞は、関東に出向き、『教行信証』の執筆に専念する。次第に増えていく門徒たち。しかし、親鸞は全てを捨て、京へ戻り、仏典の研究に明け暮れる。浄土真宗の教祖の90歳で入寂するまでの足跡と教えを現代にわかりやすく伝える一代記ここに完結!
商品情報
書名(カナ) シンランショウニンノショウガイ ムリョウノヒカリ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年04月10日
ISBN 978-4-16-731464-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く