文春文庫

約束の冬 下

宮本 輝

  • 定価:本体690円+税
  • 発売日:2006年05月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「人が生きる拠り所とは何か」を問う傑作長篇

「十年後、結婚を申し込みます」留美子は謎めいた手紙に戸惑う。出会いと別れ、運命の転変の中で、十年後はたして約束は果たされるのか?

担当編集者より
壊されたパテックの懐中時計の持ち主を探す桂二郎の前に、妖艶な中国女性が現われる。そしてもう一人、桂二郎を訪ねてきた若い女性は、昔別れた恋人の娘だった。一方、留美子は謎の手紙の主について、次第に手がかりを得ていく——。人は何を拠り所にして生きていくのかを問う、宮本文学の新しい傑作。解説・桶谷秀昭
商品情報
書名(カナ) ヤクソクノフユ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年05月10日
ISBN 978-4-16-734821-2
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く