文庫
文庫

日本と中国 永遠の誤解異母文化の衝突

稲垣武 加地伸行

  • 定価:本体524円+税
  • 発売日:2002年02月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「中国が分からない」という前に!

戦争謝罪問題の対立や中国に進出した日本企業の挫折する原因が、日中間の言語感覚・文化の違いにあることを実証した画期的対論

担当編集者より
「日本人と中国人ほど、相互に理解しあうのが困難な組み合わせはない」(稲垣)。「つまりは言語の相違だと思うんですね、もっとはっきり言えば、“言語の相違”が“思考の相違”へつながる」(加地)。戦争謝罪問題や中国に進出した日本企業の挫折する原因が日中間の言語感覚・文化の違いにあることを実証した画期的対論。
商品情報
書名(カナ) ニホントチュウゴクエイエンノゴカイ イボブンカノショウトツ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年02月10日
ISBN 978-4-16-736505-9
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く