作品紹介

夫人のガン発覚から死までを克明に描き、夫婦、ガン告知、生と死とは何かを問うた感動の手記「妻と私」に、絶筆「幼年時代」を併録

担当編集者より
慶子夫人に下った「治療不能のガン」の診断。江藤さんの付ききりの看病が続く。否応なく迫る死、そして臨終。その間に、江藤さん自身の身体も病魔に蝕まれ、死の淵に立つ。夫婦とは、生と死とは何かを問い、大きな反響を呼んだ「妻と私」に、絶筆「幼年時代」、福田和也、吉本隆明、石原慎太郎各氏の追悼文を併録。
商品情報
書名(カナ) ツマトワタシヨウネンジダイ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年07月10日
ISBN 978-4-16-736612-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く