作品紹介

愛をめぐる揺らぎと畏れ

月日貝、五月闇、寒茜……。季語が紡ぎだす生命の不思議、稠密な性の交感、人生の哀切を官能的な文章に結晶させた十二の短篇連作

担当編集者より
月日貝、五月闇、河骨、青北風、夜神楽、寒茜など……四季を彩る季語に触発されながら、愛を巡る揺らぎと畏れを主題に、生命の不思議、稠密な性の交感、人生の哀切をみごとに官能的な文章に結晶させた名品十二の短篇連作集。谷崎賞作家が描く、滅びへと向かう主人公たちのなまめかしくも妖しく、美しく切ない十二の人生。
商品情報
書名(カナ) サイゲツ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年01月10日
ISBN 978-4-16-737312-2
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く