文春文庫

嘘は罪

連城三紀彦

  • 定価:本体629円+税
  • 発売日:2006年06月09日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

愛と憎悪が静かにからみあう日常の怖ろしさ

電車の中で突然、黄色い薔薇の花束を渡してきた、見知らぬ若い男の真意は? 予期せぬ展開と結末が待ち受ける、12の短篇小説集

担当編集者より
「あなた、この着物要らない?」高校時代からの親友の言葉には続きがあった。「この着物を着てある女に逢ってほしいの」そして——。奥さんにしたいナンバーワンといわれた女の、その実は? からみあう愛と憎悪の中で、予期せぬ結末が待つ12の物語。女は見かけによらぬもの、あなたもだまされて下さい。解説・香山二三郎
商品情報
書名(カナ) ウソハツミ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年06月10日
ISBN 978-4-16-742015-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く