文春文庫

ツチヤの口車

土屋賢二

  • 定価:本体467円+税
  • 発売日:2008年02月08日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

お腹はへるけど口はへらない、ツチヤ教授満身創痍の日々

連載300回を迎えた爆笑エッセイが世界に先駆けて文庫本化。「脅し方の研究」「妻の最後通告」など、不幸とくんずほぐれつ奮闘中

担当編集者より
雨足が強まってきた。線路沿いの薄暗い夜道を歩いていた私は、傘をさそうと立ち止まった。すると、猛スピードで走ってきた車が、悲鳴のように甲高いブレーキ音を立てて急停止した。真っ赤な車から現われたのはあの貧相な男。今夜も、身の毛もよだつ理屈の数々で、私を口車に乗せようとする。…完敗ね。また笑ってしまったわ。解説・藤巻健史
商品情報
書名(カナ) ツチヤノクチグルマ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年02月10日
ISBN 978-4-16-758810-6
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く