文庫
文庫

神谷美恵子 聖なる声

宮原安春

  • 定価:本体533円+税
  • 発売日:2001年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

医師、文学者、翻訳家として常に心弱き人の場に立ち、今なお読みつがれる『生きがいについて』を著した神谷の、心の軌跡を辿る

担当編集者より
“美智子皇后の心の主治医”といわれた神谷美恵子(一九一四~七九)にいま改めて光があてられています。神谷氏はハンセン病患者の回復にその半生を捧げ、岡山県の長島愛生園に通いつめます。「激烈な」ともいえるその献身の美しさが、美智子皇后をひき合わせ、ともにハンセン病との関わりを深めてゆくことになります。宮中で進行したこの友愛のドラマを、宮原さんは資料を丹念に読み取材を重ねながら、初めて明らかにしてゆきます。現代人の「心の糧」となる感動的な読物です。(TY)
商品情報
書名(カナ) カミヤミエコセイナルコエ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年07月10日
ISBN 978-4-16-765611-9
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く