作品紹介

1964年、東京オリンピック。彼女の美しさに世界は息を呑んだ——

ラチニナ、クチンスカヤ、コマネチ、ホルキナ……。女子体操の歴代女王は、社会主義崩壊の20世紀をどう生きぬいたか。感動巨篇!

担当編集者より
1964年、東京オリンピックで世界中を魅了し金メダルを獲得したベラ・チャスラフスカ。だが、東欧社会主義圏のチェコに生まれ育った体操の女神のその後の人生は、あまりにも過酷なものだった。時代の荒波に翻弄されながらも自身の生き方を貫き通そうとした女性の個人史を丹念な取材によって描いた渾身の力作! 解説・白石一文
商品情報
書名(カナ) ベラチャスラフスカモットモウツクシク
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年09月10日
ISBN 978-4-16-767993-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く