作品紹介

論語はやっぱり面白い!

「学びて時にこれを習う」の本当の意味は? ありがちな誤読を解き、礼の文化から知のあり方まで孔子の真の精神性を説く不朽の名著!

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「学びて時にこれを習う」。この有名な論語冒頭の一節は、“勉強して時々おさらいをする”と解釈する人が多い。だが、これは学校の勉強の話などではない。礼・楽の真の意味を知ると、全く違う解釈で思想の魔力が立ち上がってくる。論語を正しく読み解く時、単なる教訓・格言ではない活き活きとした知のドラマが見えてくる。
商品情報
書名(カナ) ゲンダイジンノロンゴ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年11月10日
ISBN 978-4-16-772301-9
Cコード 0195

著者

呉 智英

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document